› 自動車補修塗料スタッフブログ | 細田塗料株式会社

2018年08月16日

今月の支払い


これはヤバい・・・・・





オマケ

夜の10時過ぎ・・・・

ソファーで寝ころんでテレビを見てたら

睡魔に襲われそのまま寝てしまった

何時間か経ったころだろうか

玄関からだと思うがなにか小さい物音で目が覚めた

スマホを見ると

2時30分だった・・・

新聞にしては早いな~と思った

目が覚めたついでにトイレに行こうと

リビングのドアを開けてトイレに入ろうとした時に

ふと、玄関のドアが目に入る

あれ? 玄関ドアのカギ、サムターンが縦になってる


サムターンが縦になってるって事はカギが掛かってない事である



あ~またカギを掛け忘れたな~と思って

玄関ドアまで近づき、サムターンに手を掛けた瞬間、

いきなりドアが少し開いた

向こう側から誰かがドアを開けようとしている


こっちも反射作用でドアを閉めようとする

けっこうな力で開けようとするがこっちも必死だ




何が怖いかって・・さっきの物音はドアのカギを開けた音だった

つまりドアの向こう側のこいつは うちのカギを持ってるのだ・・




うわ~~~と叫ぼうとするけど恐怖で声が出ない




と、ここで目が覚めた

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 03:37Comments(5)

2018年08月15日

金沢ゆめ街道2018

遅くなりましたが土曜にやってた

金沢ゆめ街道2018です。

今年も行きました。


まずはステーキ

うま~


YOSAKOIやってます

知り合いの女の子のいるチームです
ジュニアの部で大賞取ったそうです
おめでと~


帰り際に石橋屋のたこ焼き

この自家製マヨネーズが美味しいです~~

今年は雨も降らなかったし 夜はそんなに暑くなかったので快適でしたよ

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 22:33Comments(3)

2018年08月14日

だから石川県の怖くない話

ダメと言われるとなおさらしたくなるもんですよねぇ

第31話「蔵の中」




友達の永さんから聞いた話です

永さんの親戚は和歌山県にある

しかもバスは1日に5本しかない山の奥深くにある村だそうです

夏休みに永さんは奥さんと6歳になる子供(純ちゃん)と

3人で和歌山の親戚の家に3泊4日で遊びに行きました

親戚の家にはオジサンとオバサンの2人が住んでいました

純ちゃんは この家に来たのは初めてです

田舎ならではの大きい家に

純ちゃんは

「でかいおうち~」と喜んでいました

純ちゃんは家の中をオバサンに案内してもらっていた時、

中庭に でかい蔵があるのを見つけました

漆喰の白い壁で出来た2階建ての

大きい蔵がありました

蔵の入り口には大きい南京錠がかけられていました

オバサンから「蔵の中には クワやスコップの農機具があるから

絶対に入っちゃダメだよ」と言われました

1日目の夜、純ちゃんは夜中にトイレに行きたくなって目が覚めました

窓から外を見ると あの大きい蔵の2階の窓から明かりが

漏れているのに気が付きました

「???」

倉庫にしか使っていないのになんで明るいんだろう

次の日、オジサンにその事を聞いたら

「誰もいないんだからそんな事はないぞ」と

ちょっと怖い顔で言われてしまったそうです

2日目の夜、

オジサン、オバサンは村の会合に出た後で

永さんが合流してみんなでお酒を飲むから

家でおかあさんと2人っきりで留守番する事になりました

夜ご飯を食べたあと、おかあさんの具合が悪くなり、

おかあさんはすぐ床に着く事になりました

純ちゃんは一人でテレビを見ていましたが

たいして面白い番組もやってないので

飽きてきました





そこで蔵の事を思い出しました

中庭に出て 2階を見るとまた窓から明かりが漏れてます

「誰かいるのかな?」

よせばいいのに純ちゃんはその蔵に入ってみたくなりました

普通なら怖くて絶対しないんですけど

好奇心旺盛な純ちゃんは違いました

「たしか鍵は 柱にかけてあったはず」

思い出した純ちゃんは台所の柱にかけてある鍵を掴むと

中庭に出ました



扉の前まで行き

南京錠に鍵を差し込もうとしたとき、

「絶対に入っちゃダメ」と言われた事を思い出し

純ちゃんは 入るのをやめました















えらいね~~~

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:27Comments(10)

2018年08月13日

そして石川県の怖くない話

お盆なのでたまには怖い話も良いかも

「桜の樹の下には屍体が埋まっている」

梶井基次郎の短編小説『櫻の樹の下には』の冒頭の文章です。



第30話「そこを掘ってはいけない」




これは知人から聞いた話である

ある30代のカップルがいた

女の方は妊娠6カ月だった

ある夜のこと

結婚するしないで大喧嘩になり

男は思わず首をしめて女を殺してしまった

自首しようとも思ったが

それも怖くて出来なかった・・

とりあえず死体をどこかに隠す事にした

悩んだあげく

近くの公園に埋めようと

車にスコップとビニールシートでくるんだ死体を積んで

公園まで来た



夜中なので人気は全く無いし

近くに民家も無いので誰かに見つかる事は無いだろう・・・

そして

どこか埋めるに良い場所は無いものかと

公園の中を歩き回った

公園の周りには桜の木がたくさん植えられていた

その中で一番大きい桜の木の下に埋める事にした

人力なので1メートルくらい掘った段階でヘトヘトになってしまった

これ以上掘るには無理だと判断して

その穴に死体を放り込んで埋めた




~~4カ月後~~

男は仕事帰りの夜、その公園を車で通った

本当なら今ごろは子供が生まれていたはずだった

エコー検査で女の子とわかっていた

もういまさらどうにもならない



~~それから4年後~~

ある日の夜の仕事帰り

いつものように公園を通りすぎようとした時

あの桜の木が視界に入ってきた

すると月灯りに照らされたその桜の木の下に

小さな女の子が立っていた

年齢は4、5歳くらいだろうか

しかし今は夜の9時過ぎだ

こんな遅い時間にあんな小さい子がどうしたんだろう・・・

変に思いながらも帰宅した

そして次の日の夜

公園を通ると

また昨日と同じように桜の木の下に女の子が立っている

また次の日もそのまた次の日も・・・

これは変だ

男はある日の夜

公園に車を停めて

その桜の木の下にいる女の子に声をかけてみた

うつむき加減に立っているその子の顔はよく見えない


「こんな時間にどうしたの?」

女の子は何も言わない

「おうちはどこ?」

女の子は後ろを指さした

後ろには桜の木しかない


おかしな事を言う


「お母さんはどうしたの?」

女の子は桜の木の下を指さした


男の全身から血の気が引いた

うつむき加減だった女の子は顔をあげた




殺した女によく似ている・・・・

あと、自分にも・・・


これはいったい・・・・・


男は意を決して聞いたみた






「じゃあお父さんは??」











女の子「リストラされて仕事探してる」

「あ~大変だね」


女の子「でしょー アハハー」



  

  
タグ :THEEND


Posted by 細田塗料株式会社 at 00:52Comments(12)

2018年08月12日

PIT21 CAFE

近所にあるのに一度も行った事がなかった「ピット21カフェ」

バイク専用の駐車スペースがあります。




↑このドゥカティ、新車で買われたそうです。

値段 聞いて ため息しか出ません笑

   


Posted by 細田塗料株式会社 at 11:16Comments(3)

2018年08月11日

よもや石川県の怖くない話

今日から連休です~

第29話「本当は怖い目玉焼きの名前の由来」

知り合いから聞いた話です

ある夫婦がいました

旦那さんは55才、奥さんは45才

結婚して20年になります。

旦那さんはとても優しい人で結婚してから

一度も奥さんに怒った事がなかったそうです

奥さんがどんな失敗をしても

ニコニコ笑いながら

優しく慰めてくれるとても良い旦那さんでした

旦那さんの好物は朝の目玉焼きでした

白身はカリッと黄身はトロトロの目玉焼きが大好物です

ある朝、奥さんがいつものように朝食の準備をしていると

まだ5時過ぎだと言うのに

旦那さんが2階から降りてきた

奥さん「おはよう、今朝は早いわね」

旦那「ああ、なんか目が覚めちゃって」

旦那「あ~ おなかすいた~ 目玉焼きは?」

奥さん「うん、今から作るね」

旦那「あのさ いつもの焼き方じゃなくて 黄身もカリカリに焼いてくれる?」

奥さん「いいけど・・・」

奥さんは思った

20年間 今までこんな事は一度もなかった

必ず外はカリカリ、中はトロトロの目玉焼きだったのに・・・

何かがおかしい

そう思いながら冷蔵庫から卵を取り出した時、

思わず手が滑って卵を床に落として割ってしまった




奥さん「あ~ ごめんなさい すぐ片づけるわね」

と言って雑巾で床にぶちまけた卵を拭いて

立ち上がり、後ろを振り向くと





そこには





旦那が今までに見た事がないような形相で

奥さんを睨みつけ



「この野郎!!」






























































  


Posted by 細田塗料株式会社 at 11:40Comments(7)

2018年08月10日

ガムボール3000



そういえば今日はガムボール3000でした。

ちょっとだけ撮れた



明日から木曜までお休みです。

土曜以外は特に予定無し・・・・・



  


Posted by 細田塗料株式会社 at 17:11Comments(0)

2018年08月09日

エバーコート440ミニ




エバーコート440ミニ 新発売です。

サイズは1/4 価格もグッとお安くなっています。

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 17:39Comments(0)

2018年08月08日

もはや石川県の怖くない話

かき氷機 買いました~~

第28話

「いわくつきの物件」


知り合いから聞いた話です

彼は春から一人暮らしをするためにアパートを探していた

何件かの不動産屋をまわって

とある格安のアパートを見つけた

そのアパートの2階の1室だけが他の部屋より1万円安いのだ

何故そんなに安いのか不動産屋に聞くと

なんでもその部屋で女性が自殺したらしく

その部屋を借りた人は半年も経たずに引っ越してしまう

そんないわくつの物件だった

彼は全くそんな事を気にしない性格なので

喜んでその部屋を借りる事にした

引っ越しもすませ、ある程度 落ち着いたので

土曜の夜に

会社の後輩と飲みに行く事にした

駅前で待ち合わせ、居酒屋に入った

まずは引っ越しを祝ってビールで乾杯・・・

つまみ程度で頼んだ唐揚げは超大盛だった・・・これ多すぎだろ



ほろよい気分になったところで

後輩が言った「先輩、あの部屋 自殺した人いるんでしょ 気味悪くないんですか?」と

「あ、俺そんなの全然気にしないから」と返す

2時間ほど飲んで店を出て

「アパートで飲み直そうぜ」

タクシーに乗りアパートへ向かった



部屋のドアを開け玄関に入って

後ろを振り向くと

後輩が真っ青な顔をしていた

「先輩、やっぱ俺帰ります」

そう言うなり後輩は帰っていった

「??」





週明けの月曜、会社に行くと事務所に後輩がいた



後輩「先輩、土曜はすいませんでした」



「おう どうしたん?」



後輩「唐揚げ食べ過ぎて気持ち悪くなっちゃって」



「お前、胃腸弱いもんなーー アハハー」







  


Posted by 細田塗料株式会社 at 08:35Comments(9)

2018年08月07日

丸パクリ


  


Posted by 細田塗料株式会社 at 07:57Comments(2)

2018年08月06日

土曜の昼ごはん

暑くて買い物に行くのもめんどくさいので近所のコンビニで


今朝は4時に起きました(笑  


Posted by 細田塗料株式会社 at 05:57Comments(5)

2018年08月05日

さりげなく石川県の怖くない話


最近、物忘れがひどくて困ってます。

第27話「叫ぶ人形」



小学4年になる  うちの子はぬいぐるみや人形が好きだ

先日、通ってた保育園から5体の日本人形?をもらってきた

保育園の倉庫にしまってあったらしい

かなり昔からそこにあったようで

5体ともボロボロとまではいかないが

服は色あせて汚くなっていた

人形は嫌いじゃないけど

ここまで古びたのはちょっと気味が悪いかな

さすがに髪は伸びていない(笑)



ある日の事、下の子が和室で

その人形を並べて ままごとみたいな事をしていた

和室の端に2台目のパソコンが置いてあるので

自分はそこでパソコンを使っていた

子供はそのうち ままごとに飽きたのか 人形を片付けないまま

隣の部屋でタブレットで遊びだしてしまった

部屋には 自分と人形だけ

人形からはなんとなく視線を感じる

これは気持ち悪い



「人形 片付けて!!」と言ったが

「あとからする~」と子供

しょうがないからそのままパソコンで作業続行




30分ほどして

トイレに行こうと立ち上がったときに

よろけてしまい

あろうことか人形のおなかあたりをを踏んでしまった



「痛っ」

と 叫ぶ声が聞こえた

今の声はいったい・・・

人形にトーク機能でも付いているのかと思ったが

こんな古い人形にそんな機能もあるわけがなく・・・・・


隣の部屋の子供に

「今の声 聞こえた?」と聞くと


「おとうさん 痛っ って言ったよ」

どうやら自分で言った事も忘れたようだ







  
タグ :ボケ老人


Posted by 細田塗料株式会社 at 05:44Comments(7)

2018年08月04日

なにげに石川県の怖くない話

その建物に入って戻ってきた者は誰もいないと言う

第26話「黒いビル」





これは永さんの知り合いの取り引き先の従業員の

奥さんの実家の隣の家の旦那さんの

弟の嫁さんの友達から聞いた話です

そのビルは「黒いビル」と呼ばれていた

築50年くらいの老朽化したかなりボロいビルだった

外装はハゲハゲでところどころコンクリートが剥がれている

それを隠すためなのかビルの外観は黒く塗られていた

噂では「あそこはヤバイ」「入ったが最後、戻ってきたやつはいない」

と、色々とよくない話があった

そう言われるとなおさら行きたくなるもので

その永さんの知り合いは友達と2人でそのビルに行く事にした



ある金曜の夜に決行

駐車場に車を停め、ビルの中に入る

ドアを開けると

中から若い男が出てきた

その男に案内され待合室に入った

写真を見せられ 気に入った子をセレクト

しばらくするとその子が現れた

写真とはだいぶ違う

パネルマジックというやつか・・・・

30分後、帰ろうとすると

さっきの若い男が

「お客様、お帰りはこちらです」

と裏にある出口専用のドアから帰らされた

どうやら入り口で

入ってきた客と鉢合わせしないようにとの

店の配慮だろう

2人は

「どうだった?」

「ぜんぜんダメ」

「マジで? こっちは良かったぞ」

と車の中で反省会をしながら帰ったと言う









  


Posted by 細田塗料株式会社 at 06:43Comments(4)

2018年08月03日

タイヤ交換②

リアタイヤ交換のためにお店に出していたホイールが戻ってきました。

やっぱ新品は良いですね~


ホイールを外したついでにリムステッカーも貼りなおし



土日はバイク乗れそうです。

暑いけど


  


Posted by 細田塗料株式会社 at 23:08Comments(4)

2018年08月02日

キャリパー交換②

リアタイヤ外したついでに

リアのブレーキキャリパーも交換します。

実はちょっとした臨時収入があったので買っちゃいました。

取り付けは週末にでも。

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 21:17Comments(0)

2018年08月01日

タイヤ交換



隼のリアタイヤ交換

購入してから2年で15000キロほど走りました。

けっこう長持ちしましたが

スリップサインが出掛かっていたので交換する事にしました。

週末までには間に合いそう

と言ってもこの暑さじゃ早朝くらいしか乗る気がしません。

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:27Comments(0)

2018年07月31日

現場調色




出来る事ならやりたくない現場での調色

トラックで外すパーツが無いとの事で・・・

原色を営業車に積んで現地で色合わせします

しかもツートンの2色・・・・それでいて暑い・・・




30分ほどで出来た

ちょっと怪しいような気もしますが

これにて完了という事で・・・













  


Posted by 細田塗料株式会社 at 04:38Comments(2)

2018年07月30日

ほどよく石川県の怖くない話

第25話

「訪問客」



ある日曜日のこと

前日から嫁と子供は義母と温泉に行っているので

家で一人 留守番だ

たまには1人でいるのもいいものだ

いや、マジで





その日は朝から小雨が降っていたようだった


パラパラと雨が降っているような音が聞こえる

起き上がって窓を開けると路面が濡れていた

あぁ、今日はバイク乗れないや







1階に降りて冷蔵庫から

昨日、飲み残したアイスコーヒーが入ったカップを

取り出す

保冷式のカップなのでまだ氷が解けずに浮いている

この季節、朝は必ずアイスコーヒーを飲む

甘ったるいコーヒーも好きだが

朝は微糖を飲む事にしている





ソファーに座ってコーヒーを飲みながら

テレビを見ていた

最近のお気に入りはシカゴ・ファイアだ

けっこう録りためていた



今日のうちにシーズン3の

最終話まで観終わらないと・・




ドラマが半分くらい過ぎたころだろうか

インターホンのチャイムが鳴った

時計を見ると8時だった

日曜のこんな時間にいったい誰だ??・・・

今日は特に宅急便の来る予定もないし・・・

キッチンの壁にあるインターホンのモニターを見てみると

女が映っていた

しかも普通はモニターに映るのは肩あたりから顔が映るのだが

その女は違っていた

全身がモニターに映っていたのだ



と言う事は この女は

ボタンを押してから数メートル後ろに下がった事になる

少なくとも3メートルくらい下がらないと全身は映らないだろう



あぁ、女と言ったがほんとに女なのかはよくわからない

何故かと言うと そいつは顔を隠すように傘をさしていた


ただ、長い髪が傘からはみ出ていたので女だと思ったのだ

もしかしたら女装したロン毛の男かもしれない



まぁ、そんな事はどうでもいい

朝っぱらから

せっかくのテレビとコーヒータイムを邪魔されて

ちょっとイラっとしていたので

そのままシカトを決め込む事にした

今までの経験上、この手の訪問客は

訪問販売だったり変な本の配布だったりと

とロクな事が無い



1分ほどモニターを見ているとその女らしき人物は後ろに下がって消えていった



やっと行ったか・・・そう思ってソファーに座り直し

テレビの続きを観る事にした



・・・・・・


なにか視線のような物を感じた

何気なくテレビの横にある窓に視線を移してみた・・・




あっ!



さっきの女が窓に目いっぱい近づいて

少し開いていたカーテンの隙間から

こっちを見ていた



くまのプーさんのパジャマを見られた・・・・


















  


Posted by 細田塗料株式会社 at 20:40Comments(8)

2018年07月29日

オロ地獄



本日の早朝プチツーリング 朝6時集合




山に行ったのが運の尽き

オロとか言うアブが大発生してて

なぜか自分だけが大量に付きまとわれ・・・
ジーンズにびっしりくっついてきた
近くにいた人がハッカの虫よけ貸してくれたので
それを塗ったらしばらく来なかったけど
効き目が薄れてきたのかまた集まってきた
あまりの気持ち悪さに
脱出しようと
エンジンをかけたら
さらに集まってきた(笑)
走りながら足見たら5匹くらいくっついていた・・・・
もう山行かねー

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 17:11Comments(5)

2018年07月28日

スター





スターおもしろ商品ニュース8月号 入荷しました

週明けから配ります。






明日のツーリングは灼熱地獄と化すでしょう(笑

  


Posted by 細田塗料株式会社 at 15:49Comments(2)
count